Concept

Message

御幸毛織が掲げるタグライン、「愛せる服を。」を体現する空間。
名古屋丸の内予約制オーダースーツサロン「ミユキクラフツスーツ パストラル」

当サロンは、高級紳士服地110年「御幸毛織」のオーダースーツ直営店です。完全予約制で、名古屋市中区丸の内のデザイナーズマンション内にサロンを構え、都心でありながら落ち着いた雰囲気のなかでじっくりとオーダースーツを味わうことができます。

「パストラル(牧場)※」とは、ウールを主原料とするスーツの原点を意味しており、テキスタイルメーカー直営ならでは豊富な生地ラインナップをリーズナブル価格でご提供します。また、世界的に権威のあるIACDE(国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会)から最高の3つ星認定を受けた縫製工場(長崎県西海市のミユキソーイング)の最新パターンをサイズ見本として揃え、正確なサイジングと高品質な縫製を可能にしました。

業界でも珍しい、糸から製品まで一貫生産体制によって仕上げられる「ミユキ クラフツ・スーツ」。随所にミユキのクラフツマンシップが息づいています。

  • ※ミユキ牧場写真:現在ミユキ牧場としては存在しませんが、こだわりの原料選びの象徴として今もなおその精神を引き継いでいます。

Craftsmanship

そのクラフトマンシップは例えば、前肩仕上げ。日本人は欧米人に比べると肩が前に出ている、いわゆる前肩体型です。

肩の部分を前に出すようにして、日本人に合う肩の形をつくります。独自開発の湾曲した治具(馬台)と、縫製技術を駆使してつくられる空豆形状のアームホールによって前肩先に生み出す空間が、肩の動きを阻害しない、いわゆる「前肩の入った」着心地の良い服を実現します。

縫製作業の工程には、ミシンで縫う作業以外に、アイロンとプレス機を駆使した「中間プレス」と呼ばれる工程があります。胸出しアイロンは中間プレス工程のひとつで、生地の目を丁寧に整えながらアイロン作業を繰り返す非常に手間がかかる作業です。しかし、着心地がよく美しい胸のシルエットをつくるための重要な工程であり、疎かにできません。

ジャケットには胸のほかにも衿や肩、脇や袖など、服の着心地を左右する重要なポイントが多くあり、それぞれをつくる工程でアイロンの蒸気の熱と圧力をかけながら形を整えていきます。特に、肩ギャザーは経験と技術がとても必要な工程です。ミシンワークとアイロンワークを組み合わせた繊細なギャザーづくりは、肩から背中にかけてのラインを自然に見せ、スムーズな動きをもたらします。

御幸毛織ブランドサイトを見る

Joe Nishimura Profile

世界で一着。

来店予約制が可能にするお客様お一人と店主のサロンにて、お客様だけのオーダースーツをお仕立てします。

入念なカウンセリングとサイジング、110年以上の歴史を誇る御幸毛織のクラフツマンシップとテキスタイルラインナップで、必ずご満足いただけるオーダースーツをお届けします。

お問い合わせのみでも結構です。お気軽にお電話くださいませ。

店主プロフィール

氏名西村錠 / Joe Nishimura
生年月日1969年4月21日生まれ
所属御幸毛織株式会社 / Miyuki-Keori Co., LTD.
資格繊維製品品質管理士
経歴御幸毛織株式会社勤務、生え抜きで主にオーダースーツ関連事業に従事
趣味サッカー(ポジション: ゴールキーパー)と’80年代国産ギター収集
Joe Nishimura